文字サイズ
開院以来、1年365日診療を続けています
  • サンプル画像3
  • サンプル画像3
  • サンプル画像2
  • サンプル画像1

最新ニュース一覧

記事がありません

「看護部理念」

患者様、ご家族を尊重し、安全・安楽な看護・療養環境を提供します。

【基本方針】

1. 患者様、ご家族の思いに寄り添い、質の高い看護を提供します。
2. 地域の皆様から信頼される看護を提供します。
3. 看護職員一人ひとりが病院運営に積極的に参画します。

【看護部目標】

1. 相手の立場を理解し、思いやりの心で看護を実践します。
2. 看護職員一人ひとりが主体的に業務に取り組みます。
3. 挨拶の徹底、接遇を意識し業務します。

看護部長からのメッセージ

横浜東邦病院は、開院以来、地域に開かれた病院を使命として1年365日診療を続け、顔の見える医療で多くの皆さまにご利用して頂いております。
平成28年2月には、外来・一般病棟47床(地域包括ケア病床を含む)に加えて療養病棟49床が新設開棟しました。

看護部では、経験豊かでトータルケアに優れた看護師が急性期から回復期、慢性期のあらゆる健康レベルの患者さまを支え寄り添っています。

看護部職員には、「共に学び合い、ともに成長し合う」という共育風土があります。当院に必要な質の高いジェネラリストの育成は、こうした互いに認め高め合う共育環境が生み育てており、看護部の誇りでもあります。
教育指導では、プリセプターシップを実施し一人ひとりを尊重した育成や計画的な院内教育を行っています。

さらに、当院では、私たちが働き続けられる環境作りが組織的に取り組まれています。個々のワークライフバランスを重視した雇用形態・勤務時間・勤務体制・配属部署・キャリアサポートなど、柔軟できめ細やかな支援が整えられており、私たちは安心して働き続けることができます。

これからも、私たちは、当院の理念の一つであります「人間愛に満ちた医療」の元で、地域の皆さまと共に、患者さまの声や思いを丁寧に受けとめ、心を込めた対応に心がけながら、親しまれ信頼される看護チームを継続してまいります。

                                                                                  
看護部長  内藤 とも子