文字サイズ
開院以来、1年365日診療を続けています※整形・内科のみ)
皮膚科は月曜午後のみの診療・もの忘れ外来は水曜午後のみの予約診療 ※祝祭日は休診)

見出し

理念

1.人間愛にみちた医療をめざします

2.なにより質の良い医療の提供につとめます。

3.地域に根ざした病院でありつづけます。

当院で診療を受ける患者さんが有する権利と責務

<権利>

①誰もが良質な医療を公平に受ける権利を有します。
②診療についての情報に関し、患者本人・家族に説明を受ける権利を有します。
③診療について説明を受け、患者本人が治療内容を選び、意思が尊重された医療を受ける権利を有します。
④患者自身の個人情報、プライバシーが守られる権利を有します。
⑤自らの受ける診療内容に付き、他の医療者へ意見を求める(セカンドオピニオン)権利を有します。

<責務>

①患者自身の心身・健康状態につき、医療者へ正しい情報を提供する責務を有します。
②診療に伴う検査や治療内容につき、理解と合意の上で受ける責務を有します。
③病院の規則を遵守し、迷惑行為を行わない責務を有します。

以上は、当院で診療を受ける全ての患者さんが、自らの権利と責務を理解して頂く事により、自分以外の患者さんの権利を損なわず、より質の高い医療を享受するための指針です。
何卒、ご理解、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

院長あいさつ

「病む」ということは、単に肉体の一部が病むだけでなく、人間の理性や感性や社会生活まで、つまり人間の全存在が病むということです。

「病気」の治療は行われても、「病人」を治療するという側面が軽視されてはなりません。

ひとつの病気やケガが、その患者様の心理状態を激しく混乱させてしまうことを知り、また知ろうとする「人間中心の医療」を実践してまいります。

基本情報

機関名横浜東邦病院
所在地〒233-0008
神奈川県横浜市港南区最戸1-3-16
電話番号045-741-2511
FAX045-714-2520
医事受付FAX045-715-3056
メールinfo@yokohama-toho-group.org
院長梅田 嘉明
診療科名整形外科・内科・眼科・糖尿病外来・泌尿器科・皮膚科・外科・神経内科(もの忘れ外来)
                   ※詳しくは外来医師担当表をご確認下さい。
入院施設96床(一般病床47床・医療療養型病床49床)
基本診療料一般病棟入院基本料 10:1
療養病棟入院基本料1
地域包括ケア入院管理料1
診療録管理体制加算2
総合評価加算
医療安全対策加算2
退院支援加算2
後発医薬品使用体制加算1
医師事務作業補助体制加算1 50対1
救急搬送患者地域連携受入加算
救急医療管理料加算
データ提出加算
認知症ケア加算2
特掲診療料ニコチン依存症管理料
薬剤管理指導料
検体検査管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
輸血管理料Ⅱ
輸血適正使用加算
膀胱水圧拡張術
糖尿病合併症管理料
がん治療連携指導料
外来リハビリテーション診療料
CT撮影及びMRI撮影
コンタクトレンズ検査料1
入院時食事療養(Ⅰ)

沿革

1979年4月17日創立
1990年10月訪問看護・訪問入浴 開始
1997年9月21日病院リニューアル
1998年3月ワイズクリニック 開設(関連施設)
1998年11月ワイズクリニック歯科診療室 開設(関連施設)
2002年7月介護老人保健施設すこやか 開設(関連施設)
2005年10月亜急性期病床開始
2006年10月禁煙外来開始
2007年11月医薬分業(院外処方)実施
2008年4月10:1 入院基本料取得
2008年11月マルチスライスCT(2列)導入
2014年7月骨塩素測定装置 導入
2015年4月二次救急医療体制(一般輪番病院)開始
2015年5月電子カルテ導入
2015年8月31日横浜東邦病院・新館竣工
1.5テスラMRI装置導入
2015年12月ワイズクリニック歯科 閉院
ラ・メール歯科クリニック開設(関連施設)
2016年1月地域包括ケア病床開始(6床)
2016年2月1日横浜東邦病院・本館の改修終了、全館グランドオープン
・4階に医療療養型病棟(49床)をオープン
・1階に眼科外来がオープン
2016年7月第一駐車場完成
2016年11月マルチスライスCR(16列)導入
2017年6月療養病棟入院基本料1 取得