文字サイズ
開院以来、1年365日診療を続けています※整形・内科のみ)
皮膚科は月曜午後のみの診療・もの忘れ外来は水曜午後のみの予約診療 ※祝祭日は休診)

横浜東邦病院 病態別栄養指導についてのご案内

□ 私たちにご紹介ください! □
 現代では糖尿病、高血圧、脂質異常症等の生活習慣病がありますが、これらの生活習慣病は食生活との関わりが深く、切っても切り離すことができません。
治療の1つとして食習慣、生活習慣の改善は必要不可欠です。
そこで、私たち管理栄養士が一人ひとりに合った食生活のサポートをいたします!
食事は生活の一部です。「食事のことキツく言われるの嫌だな」「今更食生活変えられないよ」と思われている方必見!
当院の栄養指導では食事生活を確認し、改善点を一緒に見つけていきます。
なぜ食事療法が必要か、何をどのくらい食べて良いのか等、パンフレットを使用しながらお話いたします。
そして患者様自身が目標を見つけ、続けられる食事療法を提案しています。
食事療法は続けることが大切です。私たちと一緒にできそうなことから始めてみませんか?! 

★ 初回のみ指導料無料!2回目指導時、サンプル付き!

指導は20~30分程度を予定しております。
この機会に食生活の見直しをしてみるのはいかがですか?


【対象病名】糖尿病 脂質異常症 高血圧 高尿酸血症
心疾患 腎疾患 膵疾患 高度肥満症 消化管術後
がんによる食欲不振 栄養障害 嚥下障害   等
【指導方法】個別指導になります。ご家族の方も同伴頂けます。
【患者様負担額】1割負担 3割負担  ※1回目は無料とさせて頂きます。
200円  600円   (2回目より健康保険対応、食品サンプル付き)
【指導時間】30分程度 ※個人によって差があります
~ ご 紹 介 い た だ け る 際 に は ~
貴院または患者様ご本人から直接、横浜東邦病院栄養科にご連絡をお願い致します。
受付時間:月曜日~土曜日(祭日含む) AM9時~PM5時
主任管理栄養士
日本糖尿病療養指導士
特定保健指導士
坂上 ユキエ
管理栄養士
特定保健指導士
吉田 朱花
管理栄養士内藤 未来
【その他のお願い】
栄養指導依頼書をご記入いただき、栄養指導当日、患者様に(可能であれば検査データも)ご持参いただきますようご協力をお願い致します。
※特定保健指導(動機づけ支援・積極的支援)・在宅患者訪問栄養食事指導についても、お問合せ下さい。


※変更及びキャンセルは前日までにご連絡ください。

外来栄養指導・特定保健指導・在宅訪問栄養指導のご案内


横浜東邦病院では、管理栄養士による栄養指導を実施しております。


外来栄養指導(特定保健指導 含む)について


患者様の病態に合わせて日々の食事の摂り方などを提案させていただきます。
検査結果や食習慣などから問題点を共に考え、患者様に合った食生活をアドバイスさせていただきます。
また、なぜ食事療養が必要なのか等、日常の食事で疑問に思っている点などにお答えいたします。



在宅訪問栄養指導について

在宅にてご家族の食事準備をされている介護者の方へ、毎日の食事メニューに関する疑問・不安などの
問題について、その解決への道筋を共に考えより良いアドバイスをご提案させていただきます。
また、ご高齢でありながらおひとりで生活されている方々の低栄養状態・嚥下状態の改善・維持を
目的として栄養管理をサポートさせていただきます。




診療の中で、食事コントロール改善が必要な患者様がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

実施の手順・各種帳票ダウンロードはこちらから

療養病床のご案内

詳しくはこちら

検査オープンシステムのご案内

詳しくはこちら

最新鋭X線骨密度測定装置を導入しました

  • 骨祖しよう症の診断、 治療の為、 骨折リスクの高い腰椎正面、 大腿骨などの検査に対応した装置。
  • 一部位最速3 0 秒、 連続測定ワンスキヤン機能で5 分以内で、 痛みもなく患者様の負担を少なく検査が可能。
  • × 線による被ばくも胸部レントゲン撮影の約6 分の1 という安全性と安心を実現。



検査結果をもとに数値化し、 検査結果を表示します。

50歳以上女性の3人に1人は骨粗鬆症患者と言われています。
・ 背が縮んだ、 ・ 腰が曲がってきた、 ・ 腰が痛い
最近そのような症状を感じる方はもしかすると骨粗鬆症が原因かもしれません。
気軽に医師にご相談ください。
早めの検査で骨の状態をしっかり把握しましょう。
 
骨密度測定について

骨粗しょう症の予防・診断および骨折リスクの判定もできますので、ご利用下さい。



◆骨折すると多大な苦痛を強いられる脊椎部、大腿骨部の骨密度を直接測定する事ができます。
◆日本国内でも大腿骨頸部骨折は年間に12万件を超えると推定され、約10%は1年以内に死亡し、約30%は日常生活動作能力が低下します。
◆骨の健康を保つ必要性は男女ともに同じであり、全ての年齢を通じて骨粗しょう症を予防することが必要です。
◆測定は約5分で、痛みもありません。

お気軽に当院スタッフまでお申し付けください。